2017.G.W.鉄旅【伊根編②】

前回記事からの続きとなります

天橋立5(0)

伊根の舟屋を観光船から堪能した後は

漁村内を散策してから天橋立に戻りましょう
 
 
 
船着き場に到着し係員さんに

先ほど見えた道の駅までの距離を訪ねると

徒歩で3~40分程度との事

天橋立5(1)

それならば歩いて行っちゃいましょう!!

ってな事で村内の道をのんびりと行くことに

天橋立5(2)

歩きながらでないと

見過ごしてしまう景色もありますからねぇ~


何気に古びた舟屋を発見!!

天橋立5(3)

昔はどの舟屋にも

この様な小さい木舟があったんでしょうね

天橋立5(4)

そぉいえば5月の連休と言えば鯉のぼり🎏ですね

ここの漁村でもこの様な光景が....

天橋立5(5)

もちろん連休ですので

たくさんのツーリングライダーも見かけました

やっぱりいいなぁ....バイクは
 
 
しばらく進むと

この地域に1軒しかない酒造会社発見

天橋立5(6)

店内では試飲も可能な他

赤米酒粕を使用したアイス最中も販売中

このアイス....なかなかに美味ですぞ


そぉ言えば道を歩いていて気付いたのですが

天橋立5(8)

道路のマンホール蓋や集水桝蓋のデザインが

ご当地デザインとなってるんですねぇ~

【ふなやん】ってのは公式ゆるキャラみたいです


この後もチョロチョロと写真を撮り歩き

天橋立5(7)

もしもバス🚍で移動していたら

こんなに堪能できませんでしたね


そして最後に階段が続く山道を登り

天橋立5(9)

やって来ました

道の駅 『舟屋の里 伊根』

2階のレストランに上がると

大きな窓から伊根浦を眺めながらお食事が可能

ここではお昼ご飯をいただいちゃいます

せっかく海に来たんですからね

もちろんお約束のアレをオーダーして....


着丼!!

天橋立5(11)

ネタが日替わりで楽しめる人気の【舟屋海鮮丼】

朝に伊根漁港で水揚げされた

新鮮な地魚🐡を使用しているので

文句なしの美味しさですょ

天橋立5(10)

小鉢やお椀等が付いて1,700円

これはチョットお得かもしれませんなぁ~

冬季は日本三大ぶり漁場として有名な

伊根ブリのしゃぶしゃぶがおすすめだそうでして

機会があったら冬にも来てみたくなっちゃいますゎ


食後に展望台から舟屋群を見下ろします

天橋立5(12)

ここから観る景色

きっと雪景色だったら最高でしょうねぇ

とっても寒いでしょうけど....



一通り伊根を堪能しましたので

天橋立5(13)

帰りは路線バス🚍で一気に戻ります

天橋立5(14)

先ほど歩いてきた細い道を

これまた上手に運転していくもんです

天橋立5(15)

バスの車窓から観光船と舟屋群が

いやぁ~楽しかったなぁ


村を出ると海岸線の国道を

天橋立5(16)

バスは快適に走っていきます

ところでこのバスの運賃ですが

距離別運賃という事で事前に整理券を取ってます

でもですよ....整理券



必要無くねぇ?

天橋立5(17)

もうこれならいっその事

定額200円運賃でも

誰も文句は言わないかと思うのですが....

 
 
そんな疑問を感じながら降りた場所は

昨日も訪れた元伊勢籠神社前

天橋立5(18)

でも今日はここから船に乗るのではなく

左に曲がって進んでいった先に見える

天橋立5(19)

あの天橋立を徒歩で渡ってしまいます!!

その距離約3.6km

のんびり歩いても1時間程度で行けちゃいますね

天橋立5(20)

ここからいよいよスタートです

ちなみにですが....

天橋立5(21)

4輪車が通行止めなのは当然ですが

2輪車は125㏄未満が通行可能となっています

地元の方が普通に突っ走っているので

油断をしているととんでもない目に遭いますよ


途中の看板にはこの様な説明が

天橋立5(22)

なるほど..なるほど..

こんな風にして天橋立は生まれたのですね

断面図を見る限りですと

これは奇跡的な構造をしてるんですねぇ

まさに自然の神秘ってやつですな

天橋立5(23)

歩み進んでいくと随所に巨大な松が生えています

それでもこの辺一帯は風が少ないのでしょうか?

どの木も比較的真っすぐに成長をしていますよね

天橋立5(24)

今日は気温も低め(19℃)ですから

多少歩いても苦にはなりません

しかも

天橋立5(25)

所々に歌人が詠んだ詩の石碑や

神社などが祭られてあり

これら全てがポケストップになっているので

新種のポケモンGETしちゃったりして楽しめます

天橋立5(26)

なんだかんだで約1時間

大天橋を渡って天橋立踏破完了です!!

天橋立5(27)

ここでもまた廻旋橋の開閉を見学

何度見てもこれは楽しいですなぁ



駅前に戻ると面白い乗り物発見!!

観光所の方にレトロ周遊バスが走っていると

昨日伺ってはいたのですが....
ぺん25

天橋立5(28)

いやはや....

これはマジもんのレトロバスじゃないですか

こんな骨董品を未だに走らせられるなんて

当然パワステなんて無いだろうし

ブレーキもノンサーボでしょうから

運転士さんの苦労は並大抵ではないでしょうなぁ


この後は次に乗る列車の時間まで間がありますので

天橋立5(29)

今朝と同じ場所で鉄分補給

なにやらカラフルな列車が来ましたよ

天橋立5(30)

これは【丹後ゆめ列車】

『乗ってみたくなるKTRトレインデザインコンペ』で

京都府知事賞を受賞したデザイン車両だそうです

でも...気になるのは併結されている車両

天橋立5(31)

これが水戸岡鋭冶氏デザインの【あおまつ】ですね

やっとお目にかかることが出来ました

この他に【あかまつ】【くろまつ】と在籍しているのですが

今回は見ることが出来ず

まぁ....これが見れただけで良しとしましょう!!



時間が来ましたのでこの列車で次の場所へ

天橋立5(32)

もちろんこのまま真っすぐに家には帰りません

だってまだ....

今回の旅の夜のお楽しみがまだなんですから

これでは帰れませんよ

 
 
ぺん39
関連記事

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

とだ

Author:とだ
  
デカングーPh

MT-09 racerを駆って

日本各地を走り廻っています

出かけた先で美味しいものを

見つけてはレポート中

たま~に鉄旅も楽しんでます

カウンター
更新状況
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新の記事
最新コメント
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキング



FC2ブログランキング





ブロとも一覧

戻ってきましたNC750Xに!+バルカンS+たまにグロム

「とりあえず食ったもんUp~!!」

ぶらり、バイクと。

なにがあったかな?

とりあえずリターンバイカー
リンク
伊藤製作所
戦うTシャツ屋

伊藤製作所のTシャツはコミュニケーションツールです。
着れば、まわりは思わず突っ込まずにはいられなくなります。 プレゼントしてもやっぱり突っ込まれます。
伊藤製作所は、若々しい感性を持つすべての年代のために。 これからのあなたの人生で、いちばん若いのは今だ!
Love the Earth
---- みんなで広げよう ----Love the Earth!!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近の写真
月別アーカイブ