18きっぷで大糸線【前編】

2017.01.07 Sat

北陸day1(0)

1月の3連休を利用して鉄旅です

18切符の有効期限前に残りを消化しないとね
 
 

今回の当初計画は.....

連休の最終日に18きっぷを利用して

日本海側から南下してくる予定でした

金沢予定

ですがこれですと

最終日に各駅列車に乗車するハードな行程

翌日からの仕事を考慮すると

ちょっと厳しいかな

そんな理由で初日に

18きっぷを消化する工程に変更

しかもチョット軽めの行程で

いつものごとく川崎駅が起点です

北陸day1(1)

ここから18きっぷスタート

今回最初の工程はこんな感じ

金沢行程(1)

立川駅から松本駅まで特急電車を利用します



06:20 JR南武線 普通立川行き
北陸day1(2)

予定より早く駅に着いてしまったので

ホームに停車していた先発の電車に乗込みます

連休初日の列車内は

北陸day1(3)

いつもとは違ってガラガラの状態

何人かはおそらく同業者みたいですねぇ~

立川駅に到着して駅構内をプラプラ

北陸day1(4)

ピントが手前の架線柱に合っているのは

寝ぼけてるからではないですよ

所要も済んで時間が近付いてきましたので

特急列車を出迎える準備をしましょう

北陸day1(5)

ちなみに18きっぷでは

特急電車には乗れませんからね

立川⇒松本駅間の乗車券(¥3,360)も

別途購入済みです



07:52 中央本線 特急あずさ3号 南小谷行き

北陸day1(6)

E257系特急電車でワープしますよぉ~

さすがは特急列車です

北陸day1(7)

シートはリクライニングするし

揺れは少ないし

さっそくではございますが

北陸day1(8)

立川駅で購入しておいた

朝の一本をいただいちゃいましょう

車内販売は350ml缶しかありませんからねぇ

基本は500ml缶でしょ.....やはり

列車は11両編成で

乗車しているのは最後尾の1号車

北陸day1(9)

このような長大編成の最後尾ですと

カーブに差し掛かった時に

先頭車両が見えるから楽しいんです

山梨県に入って大月駅を過ぎ

笹子の長いトンネルを抜けると

北陸day1(10)

車窓には冠雪をした南アルプスの山々が

さらに進むと

北陸day1(11)

甲州市の街並みが近付いてきました

良く見ると家々の向こうに富士山

北陸day1(12)

今日はちょっとだけラッキーかもしれません

甲府市を過ぎると右側の車窓には

北陸day1(13)

八ヶ岳連峰が見えてきます

韮崎駅の近くでは

北陸day1(14)

観音様と白根三山が望めます

一応....関東三大観音のひとつらしいのですが

仙台大観音の膝元で育った私には

たいしたスケールには思えませんでしたけど

上諏訪駅を過ぎると

北陸day1(15)

街道沿いの建物の向こうに

諏訪湖が広がっているのが見えてきます

その昔は湖面が湖が全面凍結し

『お神渡り』と呼ばれる現象が発生したらしいが

こぉも暖冬だとそんな神話もいつかは

氷と一緒に消え果てるんでしょうか?

塩尻駅を過ぎて列車は篠ノ井線

10分ほど走ると前方に

北陸day1(16)

降車駅である松本駅が見えてきました



10:23
北陸day1(17)

松本駅に到着~

ここで乗り換えて大糸線南小谷駅を目指します

じつは今まで乗車していたあずさ3号

そのまま乗っていれば到着できたのですが

ここは敢えて乗り換えです

次に乗る列車のきっぷがこちら

北陸day1(18)

快速 リゾートビューふるさとです

快速列車ですからもちろん

18きっぷで乗車できちゃいます

新幹線を利用して長野駅から乗車するパターンと

今回の特急列車を利用するパターン

どちらにするか最後まで迷っていたので

乗車区間が長野⇒南小谷となっています

どぉせ料金は一緒ですからね

これでも無駄はありません



10:41 篠ノ井線
快速リゾートビューふるさと 南小谷行き


北陸day1(19)

こちらの車両HB-E300系気動車ですが

2010年10月より開催された

信州デスティネーションキャンペーン

にあわせて登場した車両です

ハイブリッドシステムを搭載し

篠ノ井線・大糸線を中心に運行する観光列車です

こちらの列車で2時間ほどかけて

金沢行程(2)

南小谷駅へと向かいます

松本駅での待ち時間に購入したお弁当

北陸day1(20)

車内ではあれこれと忙しいですからね

これは終着駅に着いてからのお楽しみ

という事にしときましょう

先頭車両はご覧のような展望席

北陸day1(21)

ここからの前面車窓も楽しみの一つです

展望席に行かなくても

北陸day1(23)

通路頭上に配されているこちらのモニターで

前面車窓を楽しむことが出来ますよ

定刻通りに列車は出発

北陸day1(22)

ここからは先は大糸線

ローカルの始まりです

前方に見える北アルプスに向かって

北陸day1(24)

真っ直ぐな線路を突き進みます

車両の窓は大きめですので

北陸day1(25)

座席からの眺望もご覧のとおり

座席の予約ははC,D列が

日本アルプスを眺めやすいのでオススメですよ

出発から30分ほどで

北陸day1(26)

最初の停車駅が見えてきました

JR大糸線 穂高駅に到着です

北陸day1(27)

こちらの駅では約30分ほどの停車があります

その間に近くにあります神社の参拝も可能ですので

北陸day1(28)

希望者は巫女さんの案内で向かいます

神社の名前は『穂高神社』

北陸day1(29)

『日本アルプスの総鎮守』

と称されている神社になります

巫女さんの説明などを聞きながら15分ほど

北陸day1(30)

境内を散策しちゃいます

健康長寿のパワースポットにもなっている様で

北陸day1(31)

日本一大きいステンレス製の

夫婦道祖神が設置されておりました

駅に戻ると巫女さんと駅長さんに

見送られて列車は出発

北陸day1(32)

こんな途中下車が出来るのも

観光列車の魅力の一つですよね

列車は再び北を目指して走ります

北陸day1(33)

終着駅の南小谷駅まで1時間ちょっと

まだまだ旅は続きます



この続きは【後編】にて
ぺん11

イイネ!!

関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

Re: ☆本田速人☆ さん

おばんでございます
(〃´▽`)ノシ

今シーズンも堪能いたしました
やっぱりたまらんですなぁ〰〰🎵

今回初大糸線ですが
やっぱり良いですねぇ
撮り鉄しに行くのも楽しそうですよねぇ
GWまでなら雪もありそうですし

たまには電車で鉄分補給も良いもんですよ〰〰

No title

こんにちは!
青春18切符旅、満喫してますね~!

大糸線と聞くとED62貨物や旧国を想い浮べるのはやはり歳ですかね?笑
アルプスの山々をバックに撮影出来る沿線は、ホント最高ですよね!!
GW明けにバイクで行けれたら・・・なんて密かに計画をしています!笑

乗り鉄良いですよね…春は久々に18切符買ってみようかな!!笑v-8

Re: pieceさん

おはようございます
(〃´▽`)ノシ

18きっぷシーズン中は
乗り倒すしかありませんからねぇ
( ´∀` )b
次節は広島まで行ってみようかとも思ってます
もちろん各停で

南アルプスもなんですが
全体的に雪少な目でしたね
このときは....
先週末のドカ雪で
今は綺麗に化粧されてるんじゃないでしょうかね?

おはようございま〜す!

しかし、年末から電車三昧もいいとこですなぁ。
私のスタポンどころじゃないじゃないですか(笑)
車内販売に500がないとは知らなかったなぁ…

しかし、この時期の南アルプス、綺麗ですね〜!
さすがにツーリングではまだ行けないところがツライですけど…
プロフィール

とだ

Author:とだ
  
デカングーPh

MT-09 racerを駆って

日本各地を走り廻っています

出かけた先で美味しいものを

見つけてはレポート中

たま~に鉄旅も楽しんでます

カウンター
更新状況
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新の記事
最新コメント
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキング



FC2ブログランキング





ブロとも一覧

戻ってきましたNC750Xに!+バルカンS+たまにグロム

「とりあえず食ったもんUp~!!」

ぶらり、バイクと。

なにがあったかな?

とりあえずリターンバイカー
リンク
伊藤製作所
戦うTシャツ屋

伊藤製作所のTシャツはコミュニケーションツールです。
着れば、まわりは思わず突っ込まずにはいられなくなります。 プレゼントしてもやっぱり突っ込まれます。
伊藤製作所は、若々しい感性を持つすべての年代のために。 これからのあなたの人生で、いちばん若いのは今だ!
Love the Earth
---- みんなで広げよう ----Love the Earth!!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近の写真
月別アーカイブ